不用になった布団を粗大ゴミで出すとなったら、重くて大変!
でもいらない布団は早く処分したいですね。
粗大ごみ出しを手伝ってくれる人がいる場合は、自治体に連絡して処分したほうが、安いのでお得です。

家具やソファーなどの重いものなら、不用品回収の業者さんに依頼すれば、家まで取りに来て運び出してもらえるので楽に処分できます。
お金はかかりますが、もし腰でも痛めたらもっと大変なことになってしまいますよ。


スポンサード リンク

横浜市布団の捨て方

横浜市の布団の捨て方について、横浜市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく布団の捨て方情報を提供されています。
横浜市ホームページの中から布団の捨て方のページを探し、横浜市の布団の捨て方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。
布団の捨て方は住んでいる地域のルールに従い、間違った布団の捨て方をしないためにも地域のルールをチェックしておきましょう。

 

布団を捨てない方法をお探しの方は布団クリーニングページをご覧ください。

 


スポンサード リンク

 

横浜市布団の捨て方主な内容の紹介

横浜市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような内容で布団の捨て方が記載されています。

 

布団 捨て方 横浜市
■布団の捨て方横浜市のページ主な内容

 

布団は粗大ごみです。
畳んで50cm未満のものは燃やすごみへ

 

粗大ごみ受付センターに電話、またはインターネットで申し込んでください。       

 

申込み時に収集日・手数料・出す場所などのお知らせがありますので、メモをしてください。

 

 

◆粗大ごみ受付センター(電話でのお申込み・お問合せ)
    受付時間:月〜土曜日(祝日を含む) 午前8時30分〜午後5時    

 

一般加入電話などからは、
0570−200−530 (ナビダイヤル)

 

携帯電話やIP電話などの定額制や無料通話などの通話料割引サービスを利用される方は、
045−330−3953

 

※間違い電話が大変多いそうです。番号をよくお確かめのうえ、おかけください。

 

 

※聴覚・言語に障害のある方はFAXでの申込みができます。

 

ご住所・お名前・FAX番号・粗大ごみに出される品物の品目、材質、大きさ、個数などを記載し、ご送付ください。
受付センターより、処理手数料、収集予定日、排出場所などのご案内があります。

 

FAX 045−662−1225
(聴覚・言語に障害のある方専用)

 

 

◆インターネット受付(年中無休)

 

https://www.sodai.city.yokohama.lg.jp

 

粗大ごみの出し方
粗大ごみの見やすい箇所に収集シールをはって、収集日当日の朝8時までにお申込みの時に確認した場所に出してください。
粗大ごみは可燃物、資源物、不燃物に分けて収集・処分しています。1回のお申込みでも品物の素材によって別の時間帯に収集する場合があります。
お申し込みされた粗大ごみ以外は収集されませんので、出さないでください。
粗大ごみは雨の日でも収集します。

 

スポンサード リンク