粗大ゴミで出すとなったら、重くて大変!
でもいらない布団は早く処分したいですね。

重いものなら不用品回収の業者さんに依頼すれば、家まで取りに来て運び出してもらえるので楽に処分できます。
お金はかかりますが、もし腰でも痛めたらもっと大変なことになってしまいますよ。




粗大ごみ出しを手伝ってくれる人がいる場合は、自治体に連絡して処分したほうが、安いのでお得です。

豊中市布団の捨て方

豊中市の布団の捨て方について、豊中市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく布団の捨て方情報を提供されています。
豊中市ホームページの中から布団の捨て方のページを探し、豊中市の布団の捨て方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。
布団の捨て方は住んでいる地域のルールに従い、間違った布団の捨て方をしないためにも地域のルールをチェックしておきましょう。

 

布団を捨てない方法をお探しの方は布団クリーニングページをご覧ください。

 


スポンサード リンク

 

豊中市布団の捨て方主な内容の紹介

豊中市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような内容で布団の捨て方が記載されています。

 

布団 捨て方 豊中市
■布団の捨て方豊中市のページ主な内容

 

布団は粗大ごみです。

 

市指定ごみ袋に入らない大きなものは粗大ごみです。

 

市指定ごみ袋に入らない状態とは
対象物を1つの袋に入れて、袋の口が結べない状態をいいます。ガムテープで留めたり、2つの袋で被せている状態は、袋に入っているとみなされません。

 

粗大ごみ申込みの準備

申込み(追加申込みや品目変更・取り消しも含む。)は、3ヵ月前から7日前までとなっています。(インターネット申込みについては14日前まで)
※ 地域ごとに月1回、収集日が決まっていますので、わが家のごみカレンダーで確認してください

 

※ 1回に申込みできる点数は「5点」までです。

 

※ 申込み予定品目のサイズを測っておいてください。

 

 

粗大ごみの申込み

お電話で申し込む場合
粗大ごみ受付センター 0570-666-861
受付は、月曜日から金曜日(祝日も含む。)の午前9時から午後5時15分までとなっています。(年末年始を除く。)
※ オペレーターが、内容を確認し、処理手数料、収集日、受付番号、をお伝えします。
※ 申込みが集中し受付上限に達した場合は翌月回しとなりますので、申込みはお早めにお願いします。

 

 

インターネット(パソコン、スマートフォン、携帯電話)で申し込む場合
申込みは、24時間・365日可能です。
※ オペレーターによるサイズ確認ができないことから、申込み品目に制限を設けています。
※ 申込み可能な品目は、下の申込み対象品目一覧をご覧ください。
※ 申込みは、下の申込み窓口からご利用いただけます。

 

 

粗大ごみ処理券の購入

品目ごとに定められた処理手数料分の粗大ごみ処理券を、市内の郵便局やコンビニなどで購入してください。処理券は、300円券、600円券と2種類あり、組み合わせて使用できます。
※ 購入した粗大ごみ処理券の払い戻しは一切できません。

 

粗大ごみの排出

申し込まれた品目に粗大ごみ処理券を貼って、収集日の午前8時30分までに、申込み時に確認した場所に出してください。
※ 粗大ごみ処理券に受付番号と収集日を記入し、申し込まれた品目に貼ってください。

 

聴覚障害・言語障害のある方や外国人の方は、ファクス(日本語のみ)での申込みができます。
ファクス
粗大ごみ受付センター
ファクス:0570-666-725

 

・用紙に下記の項目を記入して送信してください。

 

・自宅のファクス番号
・住所
・お名前
・品目
個数
ごみを出す場所(収集車が家の前まで入れる場合は”家の前”、入れない場合は”進入不可”と記入)
・収集日

 

※折り返し、粗大ごみ受付センターから受付の連絡ファクスが届き、品目ごとの「処理手数料額」「受付番号」「収集日」などのお知らせがあります。

 

スポンサード リンク