粗大ゴミで出すとなったら、重くて大変!
でもいらない布団は早く処分したいですね。

重いものなら不用品回収の業者さんに依頼すれば、家まで取りに来て運び出してもらえるので楽に処分できます。
お金はかかりますが、もし腰でも痛めたらもっと大変なことになってしまいますよ。




粗大ごみ出しを手伝ってくれる人がいる場合は、自治体に連絡して処分したほうが、安いのでお得です。

京都市敷布団の捨て方

京都市の敷布団の捨て方について、京都市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく敷布団の捨て方情報を提供されています。
京都市ホームページの中から敷布団の捨て方のページを探し、京都市の敷布団の捨て方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。
敷布団の捨て方は住んでいる地域のルールに従い、間違った敷布団の捨て方をしないためにも地域のルールをチェックしておきましょう。

 


スポンサード リンク

 

京都市敷布団の捨て方主な内容の紹介

京都市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような内容で敷布団の捨て方が記載されています。

 

敷布団 捨て方 京都市
■敷布団の捨て方京都市のページ主な内容

 

敷布団(ふとん)は大型ごみです。

 

布団などの大型ごみ処理手数料は400円になります。

 

大型ごみの出し方

京都市大型ごみ受付センターに電話します。
【受付時間】
 毎日  午前8時30分〜午後4時30分 

 

【休み】
 年末年始
※月曜日、祝日の翌日の午前中は混み合うことがありますので、つながらない場合は別の時間帯におかけ直しください。

 

申込み電話番号

0120-100-530
(フリーダイヤル、通話料無料)

 

携帯電話の場合はこちら(通話料有料)
0570-000-247 
※0120からのフリーダイヤルではありません。おかけ間違いにご注意ください。

 

 

収集日、手数料、出す場所を確認します。

あなたの住所、氏名、電話番号、出される品物(品物によっては大きさ等)、数量、出す場所を確認します。その後、収集日、手数料、収集場所のお知らせがあります。

 

【収集日】申込み日からおよそ一週間程度です。
【手数料】品目や大きさなどにより異なります。(400円〜2,400円)
【収集場所】収集車が進入可能かを地図で確認して排出場所が指定されます。

 

「粗大ごみ処理手数料券」を購入します。

申込時にお知らせした手数料額の「粗大ごみ処理手数料券」(400円券の1種類です)をお近くのコンビニエンスストアや区役所等の手数料券売場で購入してください。

 

収集日当日の朝(午前8時まで)に出します。

「粗大ごみ処理手数料券」(シールになっています)に収集日と名前を記入して、品物ごとによく見えるように貼ってください。その際、シールの裏紙(台紙)は、収集が終わるまで保管しておいてください。

 

※前日や夜に出すと、収集業務に支障をきたすことがありますので、当日の朝に出してください。

 

午前8時から収集が始まります。

収集は午前8時から1日かかって行われます。なお、現地での立ち会いは必要ありません。

 

収集されないことがあります。

申し込み内容と異なる場合や、手数料券が確認できない場合等は収集されないことがあります。

 

スポンサード リンク